中学受験の時期になっての家族団らん

受験時期になったら、子供を一人のままにさせないのが、中学受験を成功に結びつける秘密です。小学生には、強い負担をかけないのが必至事項ですが、孤独な戦いにさせないというのも親の気遣いとなります。

勉強をする時は、みっちり集中させて邪魔をしないように配慮します。ただ、部屋で黙々と勉強させるだけであるのは、避けるべきであると忠告しておきます。言葉を掛けずに一人にするのは、言い換えれば無言の圧力となります。勉強しなければ受からないと、焦る気持ちばかりが先行します。

何時間も勉強に集中しなければ、中学受験で合格するのは難しいでしょう。かといって、部屋に籠もりきりになるのは、心に余裕がなくなって失敗が許されないと考え込んでしまうのです。時には、家族が話し掛けて、一緒に過ごす時間を取るようにしましょう。

家族団らんは、一瞬でも受験勉強を忘れられる時間です。緊迫している時期にこそ、子供と共に会話する機会を作っていくべきです。間接的に、子供達は孤独で戦っているのではないと感じられるようになります。

彼等にかかるストレスを軽減させる上で、家族団らんは貴重な掛け替えのない瞬間となっていきます。共に戦っていると意識させると、子供達の負担は緩和します。